なんかいろいろと(仮)

買ったものや行った場所などの記録

推しが銀幕で死んだ

鬼滅の映画観てきた。ネタバレ注意。

 

ある程度は覚悟してたけど、覚悟が足りなかったようで、今も悲しくて涙が止まらない😭

 

初日に観に行ったときも泣いたけど、昨日2回目観に行ったときも泣いた。

動く推しが死んだという事実を受け止めきれなかった初日より、2回目の方が泣かなかったわりには心にくるものがあった。

 

最推しの炭治郎、推しの煉獄さん。

原作も読んでるし、なんなら無限列車編は何回も読んだ。

だから、死んでしまうことも知ってたから、推してはならないと思ってたんだけど…

何度も読んでいるうちに、やっぱり推せるなって。覚悟決めたはずなのになあ…

 

何度も炭治郎が、煉獄さん、って名前呼ぶたびに、その声に悲しみや悔しさが詰まっていることが分かって、言葉にならない気持ちが心に溜まりまくった。

推しが死ぬということはこういうことなんだな。やっとそういう気持ちが分かったから、よかったな。

 

Twitterでも呟いたけれど、昔付き合ってた人と別れた時よりも悲しい。

 

テーマソングの炎の歌詞も聴きながら読んだけど、炭治郎視点なのかな…と思わせるところが所々あって、映画館からの帰り道ずっと聴いてたけど、涙が止まらなかった。

 

もっと生きて、炭治郎たちに色々教えてあげて欲しかった。

 

あかざ許せないけれど、彼には彼の過去がありああなっているので、それはそれで辛い。

ファンの方には申し訳ないけれど、全ては無惨様が悪い…ということにしたい。

 

Twitterで書ききれないから、久々にこちらに書いた。泣いてるから纏まらないや。

映画全体の感想は、当たり前だけど、画像音楽全て綺麗でした。

あかざとの戦闘シーンと曲、はちゃめちゃにかっこよかった。

 

あと、伊之助が常にかっこよかったし、最後の泣きじゃくる演技が、つぐつぐやっぱり凄いんだなあって…花ちゃんも凄かった。

冒頭でも書いたけど、何度もあの声で煉獄さんって呼ぶのは反則だよ…

 

あとグッズは、ビッグアクスタとパンフ豪華版、ミニキャラ?アクスタ買った。

パンフは読めてないけれど、落ち着いたら読もう。

 

あとアクスタはデカすぎ。